美容整体ラボ

骨盤矯正や小顔矯正の美活メディア

骨盤矯正

骨格矯正本講座

骨格矯正本講座

本日も、骨格矯正本講座盛り上がりました受講生様のご家族が参戦!^ ^アットホームな和気藹々( ^∀^)だが、真剣よ!なぜなら、『奥様、お子様、』パパが勉強してる、一挙手一投足の全てを見てるんですからねだからこそ、進歩するんですやるからには、...
More

出産前よりもキレイな美脚へ!出産後に脚が太くなる原因と対処法

出産前よりもキレイな美脚へ!出産後に脚が太くなる原因と対処法
産後ダイエットで特に引き締めたい部分は下半身ですが、痩せにくい脚の太さにお悩みの方も多いと思います。そこで、今回は出産後に脚が太くなる原因と対処法について調べてみました。

産後の脚のむくみを解消するには?



まずは産後に脚がむくんでしまう原因と解消方法について説明していきます。


脚がむくんでしまう原因


妊娠中だけでなく、実は出産後も目立つのが脚のむくみではないでしょうか。むくみは脚が太く見える悩みの大きな原因の一つですね。

妊娠中はお腹の中の赤ちゃんを育てるために血液の量が通常よりも1.5倍に増えていますが、出産により羊水や血液などで一度に多くの水分を失います。すると、身体の中の水分バランスを保つために、身体が水分を貯め込もうとするので、一時的にむくみが起きるのです。

さらに授乳中も水分を失いやすいので、身体は水分を貯め込もうとしていますし、育児の不規則な生活による睡眠不足もむくみにつながります。

出産後のむくみは、このような仕組みで起こりますので、むくみが気になるからといって、水分の摂取を控えると、さらにむくみが悪化してしまう恐れがあります。


脚のむくみを解消する方法


むくみの解消方法としては、出産直後は激しい運動ができませんから、適度なストレッチを行って血行を良くすることで溜まった水分の流れをよくしたり、寝るときにクッションなどを使って脚を高くしておくなどの対処がおすすめです。

また、出産前と同様に、塩分の取りすぎも身体が水分を貯め込む原因となるので、食事の塩分量にも注意すると良いでしょう。ただ、このような産後のむくみは、出産後の回復とともに産後1か月ほどで解消されてきますので、焦らずゆっくり身体を休めましょう。


産後脚痩せのポイントは骨盤



産後ダイエットは出産後1~2か月ごろから始めるのが目安ですが、特に気になるのが腰周りや脚といった下半身のダイエットでしょう。産後ダイエットには骨盤に着目したものが多いのですが、脚が太くなる原因も骨盤が関わっています。

出産時に広がった骨盤は、出産後6か月ほどかけてゆっくりと元の状態に戻りますが、無理な姿勢や筋力の低下などで、正しい位置に戻らなかったり広がったままになることがあります。

すると、骨盤が上半身からの重みをバランスよく支えることができなくなって脚に負担がかかり脚が太くなったり、股関節の歪みによってねじれが生じてO脚になったりするのです。

そこで出産後の脚痩せのためには、骨盤が正しい位置に戻るようにケアすることが大切です。

出産後1か月は骨盤が動きやすいので、この時期に骨盤を支えるベルトで矯正したり、身体が回復してくる産後1~2か月からは、整体サロンなどで骨盤矯正をするのもおすすめです。


まとめ


出産後に脚が太く見えてしまうのには、脚のむくみや骨盤の歪みに原因があることがほとんどです。

脚痩せのポイントを把握して、妊娠前のジーンズもすっきりと履きこなせるような美脚を目指してみてはいかがでしょうか?

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

秋美整体学院

Return Top