美容整体ラボ

骨盤矯正や小顔矯正の美活メディア

骨盤矯正

骨格矯正本講座

骨格矯正本講座

本日も、骨格矯正本講座盛り上がりました受講生様のご家族が参戦!^ ^アットホームな和気藹々( ^∀^)だが、真剣よ!なぜなら、『奥様、お子様、』パパが勉強してる、一挙手一投足の全てを見てるんですからねだからこそ、進歩するんですやるからには、...
More

骨盤矯正をする前に!骨盤の仕組みと役割について考えてみる!

骨盤矯正をする前に!骨盤の仕組みと役割について考えてみる!
骨盤矯正や骨盤ダイエットに興味を持っている方は全国にたくさんいますが、そもそも骨盤がどのような骨で、身体へどのような影響を与えているかご存知でしょうか?

今回は骨盤矯正の理解を深める意味で、骨盤について詳しく解説していきます。


そもそも骨盤はどこにある?


骨盤と聞きすぐにイメージできるのは、体を正面から見た際に腰の横にある左右の出っ張った骨ではないでしょうか。その骨は骨盤ではなく正確にいうと「腸骨」(または「腰骨」)と呼ばれる骨です。

レントゲン写真を見たことがある方ならわかると思いますが、腸骨は身体の中心から左右に開いている大きな骨を指します。医学的に見ると骨盤は「腸骨」だけではなく、骨の集まりで形成されているものとなります。

骨盤を形成する骨とは?



骨盤全体をみると「腸骨」に挟まれるようにして、身体の後ろ側(お尻側)に「仙骨」とよばれる骨があります。「腸骨」と「仙骨」は「仙腸関節」と呼ばれる関節でつながっております。「仙骨」のちょうど上には「第5腰椎」があり、「第5腰椎」からそのまま大きな「背骨」へと繋がっていきます。

骨盤の中心にある「仙骨」の下へいくと「尾骨」と繋がります。「尾骨」はお尻の付け根を触るとすぐにある骨なのでご存知の方も多いでしょう。

左右に広がる「腸骨」の下には、「坐骨」と呼ばれる骨があります。「坐骨」は正面に向いながら弧を描くようにして「恥骨」と繋がります。「腸骨」「坐骨」「恥骨」の3つの骨は総称して「寛骨」と呼びます。

「寛骨」「仙骨」「尾骨」で成り立つ部分は円筒状の形となっており「骨盤腔」と呼ばれています。そして「腸骨」は股関節により「大腿骨」と結合して、足へと骨が繋がっていくわけです。

骨盤の働きと役割について



骨盤がいくつもの骨で形成されていることが理解できたら、続いては骨盤の働きとその役割について解説していきます。

骨盤が身体の土台と呼ばれる理由


人間の身体は骨盤を中心に上に伸びた「背骨」が指令を司る頭を支え、骨盤から下に伸びた2本の足が体重を支えております。上半身の重みは「背骨」から骨盤の中心にある「仙骨」に伝わり、「仙骨」から「仙腸関節」を通して左右の「股関節」へと移動します。

そして「股関節」から半分になった重みが膝や足に伝わり身体を支えているのです。つまり、骨盤が異常ということは、身体の土台というなる部分が異常ということを意味します。骨盤の歪みは上半身の体重が伝わってくる「背骨」の歪みにも影響してくるのです。

骨盤が果たす役目とは?


骨盤は身体を支える土台という役目だけでなく、他にも人間が活動する上で重要な役割があります。

骨盤は子宮や卵巣といった女性にとっても大切な臓器を守る役目を果たしています。また、人間の活動を司る交感神経により骨盤が締まり、休息を司る副交感神経により骨盤が緩むことで、体内の生体リズムを保っているのです。

骨盤矯正や骨盤調整は正しい知識が必要!



骨盤自体は大きく開いたり閉じたりするわけではないことをご存知でしたか。「仙腸関節」も数ミリ程度の動きといわれています。つまり、骨盤矯正や骨盤調整と呼ばれているものは、ほんのわずかな調整ということになります。

骨盤は人間の活動において大きな役割をもっていますから、間違った知識のもので骨盤矯正や骨盤ダイエットをしてしまうと、かえって身体に悪影響を及ぼす可能性もあります。骨盤矯正や骨盤ダイエットをする際には、専門的の意見を聞くなりして正しい知識のもとで行うようにしましょう。


まとめ


骨盤は「腸骨」や「仙骨」といったいくつかの骨で形成されており、人間の活動においても重要な役割を持っていることが分かりましたね。

さらに、土台となる骨盤の歪みは背骨が歪むだけでなく、身体全体に悪影響を及ぼすこともあります。骨盤矯正をする際には、是非、専門家のところで行うようにしましょう。


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

秋美整体学院

Return Top