美容整体ラボ

骨盤矯正や小顔矯正の美活メディア

骨盤矯正

骨格矯正本講座

骨格矯正本講座

本日も、骨格矯正本講座盛り上がりました受講生様のご家族が参戦!^ ^アットホームな和気藹々( ^∀^)だが、真剣よ!なぜなら、『奥様、お子様、』パパが勉強してる、一挙手一投足の全てを見てるんですからねだからこそ、進歩するんですやるからには、...
More

意外と知らない人が多い!骨盤が歪むと現れる体への影響とは?

意外と知らない人が多い!骨盤が歪むと現れる体への影響とは?
骨盤矯正や骨盤ベルトなど、骨盤を中心に考えたダイエットや健康法はテレビや雑誌などでも注目されていますが、骨盤は身体の中でどのような役割があるのでしょうか。

そこで今回は身体の土台となる骨盤の歪みが美容や健康に与える影響について調査してみました。

骨盤の歪むとはどんな状態?


josei-image14
骨盤は一つの大きな骨のように見えますが、実は複数の骨で構成されており、このためにズレたり広がったりという動きを見せるのです。骨盤が歪んでいると言われる状態には複数のタイプがあり、与える影響もタイプによって異なってきます。

仙骨と腸骨の間が歪むタイプ


一つは骨盤の中心にある仙骨と左右に大きくお椀型を描く腸骨の間でずれが生じて、身体の左右のバランスが崩れる状態です。

この部分は靭帯でしっかり固定されていいますが数ミリ程度動く部分があり、背骨と連動して身体のバランスをとったり、上半身の負荷(体重)を分散していると考えられています。

この部分の関節でずれが生じると、上半身で受けた衝撃がうまく吸収されず、腰痛や下半身のむくみの原因になることがあります。

腰椎と仙骨の結合部分が歪むタイプ


また他にも背骨から続く腰椎と仙骨の結合部分に生じる歪みは、骨盤が前後左右に傾いて猫背になったり、身体の左右のバランスが崩れる原因にもなります。

骨盤が前に傾きすぎるタイプ


骨盤が前に傾き過ぎると、骨盤の下部にある坐骨と呼ばれる部分が外側に引っ張られて骨盤が広がった状態になります。すると、骨盤と脚の骨をつないでいる股関節でねじれが生じてO脚などの原因になることがあります。

骨盤の歪みはこれらの異常が組み合わさって生じていることもあるので、きちんと対処するには専門の整体サロンなどで、診断・施術を受けなければなりません。

骨盤の歪みで起こる身体への影響



骨盤は内側に腸や生殖器などの内臓を抱えていて、背骨と股関節とを連結しており、上半身と下半身の両方に影響を及ぼす土台のような部分です。このため、骨盤のゆがみなどで不調があると腰周りだけでなく、肩こりや外反母趾など、全身に影響を及ぼすことがあります。

血行不良によるむくみ、代謝の低下


骨盤の中には太い血管やリンパ液の流れる部分があり、骨盤の歪みによってこれらが圧迫されると、冷えやむくみ、新陳代謝の低下などが起こりやすくなります。また、下半身にかかる負担を支えきれなくなって脚のむくみや腰痛につながることもあります。

筋肉の偏りによる姿勢の崩れ


骨盤の歪みにより身体の中心部分の筋肉の使われ方に偏りが生じると、姿勢が悪くなってお腹が出たり、無理に引っ張られた筋肉が凝り固まって肩こりや腰痛の原因になることもあります。

自律神経のアンバランス


意外と知られていないませんが、骨盤は身体の調子を調整する自律神経にも影響します。これは、自律神経が通る脊髄と骨盤がつながっているためです。

例えば、骨盤が広がり気味のときは身体の代謝機能を低下させて、リラックスした状態にする副交感神経が優位に働いていますが、骨盤が広がる生理中になんとなくやる気が出なかったり眠くなったりするのはこのためです。

骨盤が歪んでいると、疲労の回復や活発に活動したいときなどに、それに応じた自律神経がうまく働かないので、身体に不調があるように感じるのです。

まとめ


上記でも紹介した通り、骨盤は身体の内側・外側の両方に影響を及ぼします。ですが、骨盤が左右できちんとバランスが取れている人は実はほとんどいません。

ですから、あまり神経質にならずに、自分の骨盤の特徴を知った上でダイエットや骨盤矯正に取り組むことが大切です。もし、心配なようでしたら、専門家に相談をするとよいでしょう。


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

秋美整体学院

Return Top