美容整体ラボ

骨盤矯正や小顔矯正の美活メディア

骨盤矯正

骨格矯正本講座

骨格矯正本講座

本日も、骨格矯正本講座盛り上がりました受講生様のご家族が参戦!^ ^アットホームな和気藹々( ^∀^)だが、真剣よ!なぜなら、『奥様、お子様、』パパが勉強してる、一挙手一投足の全てを見てるんですからねだからこそ、進歩するんですやるからには、...
More

朝起きたらすぐに実践できる!顔のむくみをとる方法とやり方

朝起きたらすぐに実践できる!顔のむくみをとる方法とやり方
顔のむくみは顔の皮膚の細胞の間に普段より余分な水分が溜まっている状態といわれています。体の動きが少ない睡眠時は、特定の部位に水分がたまりやすい状態ため、朝は顔がむくみがちになります。

ある程度活動していれば昼までには顔のむくみは自然と解消されてくるのですが、一日のスタートである朝に顔がむくんでいるとメイクがいまいち決まらないほか、なんとなく気分もすっきりしませんね。

そこで今回は朝のむくみをすっきり解消できる方法についてご紹介します。

忙しい朝に実践できる顔のむくみ解消法



朝起きてすぐに実践できるむくみ解消法をいくつかご紹介しています。

首回りの筋肉をほぐす


皮膚の下にたまっている水分の流れをスムーズにするには、まず軽く身体を動かしておきます。肩や肩甲骨の部分を動かしたり、顔につながる血管やリンパが流れる首筋のこりをほぐすため、首を大きく回してすっきりさせましょう。

鎖骨のリンパマッサージ


筋肉のこりがほぐれたらリンパ節をマッサージして、老廃物の流れを促進させます。そこでまずほぐしておくのが鎖骨下のリンパ節です。

鎖骨のくぼみの上に指を3,4本置いて、気持ちいいと感じる強さでゆっくりと3秒ほど圧迫し、次にまた3秒くらい時間をかけて徐々に圧力を緩めていきます。これを数回繰り返すことでリンパマッサージができ、水分が流れやすくなります。

体内のリンパ液は最終的に鎖骨下に集まり、鎖骨下静脈に流れこんで心臓に帰ってくるので、むくみを解消する準備としてぜひ行いましょう。

顔に溜まった水分を流す


最後に顔をマッサージしてむくみの元になっている水分を押し出していきます。人差し指、中指、薬指の3本の指を使って、口角→鼻→目の下→耳の下へと老廃物を押し出すように指を滑らせていきます。

耳の下まで到達したら、首のリンパの流れに沿って、耳の下から首、鎖骨へと指を滑らせて、余分な水分を流します。マッサージを行う際は、乳液やクリームをつかうとスムーズに行うことができます。

また、あまり強い力でやりすぎると逆効果になりますので、気持ちいいと思うくらいの適度な圧力で行いましょう。


まとめ


以上のような方法で、顔のむくみはある程度改善されるはずです。このほかにも、時間があれば顔にホットタオルを当てて血流を促進させたあと、冷やしたタオルで引き締めれば、顔のむくみとともに目のクマやくすみの解消にもつながるでしょう。

また、日頃からむくみを起こさないよう、アルコールや塩分、糖分の摂取を控えたり適度な運動で身体を動かして血行をよくしておくことも大切です。


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

秋美整体学院

Return Top