美容整体ラボ

骨盤矯正や小顔矯正の美活メディア

骨盤矯正

骨格矯正本講座

骨格矯正本講座

本日も、骨格矯正本講座盛り上がりました受講生様のご家族が参戦!^ ^アットホームな和気藹々( ^∀^)だが、真剣よ!なぜなら、『奥様、お子様、』パパが勉強してる、一挙手一投足の全てを見てるんですからねだからこそ、進歩するんですやるからには、...
More

授乳後に胸の下垂を防ぐために!日頃からおっぱい体操を実践!

授乳後に胸の下垂を防ぐために!日頃からおっぱい体操を実践!
赤ちゃんに母乳を与えた後、おっぱいがしぼんでしまい垂れてしまった…と悩んでいませんか?

最近は母乳育児が見直され、母乳で赤ちゃんを育てている方が増えてきました。ただ、授乳をしていると胸が萎んでしまい、自分の胸を見るたびに辛い、悲しいと悩みを抱えているママさんが増えているのも事実です。

そんな悩んでいるママさんにお勧めしたいのが「おっぱい体操」です。そこで今回は授乳後の萎んでしまった胸を大きくする体操である「おっぱい体操」について解説していきます。

妊娠中のブラジャー選びについて



女性の体は妊娠すると女性ホルモンの影響で、授乳にむけて乳腺が発達していきます。人によっては脂肪も増え、おっぱいが通常サイズの2カップから3カップほど大きくなる方が多いです。

カップ数が大きくなるわけですから、ブラジャーのサイズを選びなおし、妊娠中も適切なサイズでホールドしておくことも重要です。そのほうが母乳もしっかりと出るようになります。締め付け過ぎは逆効果になるそうなので注意が必要です。

授乳後の胸が下垂してしまう理由


授乳が終わると発達していた乳腺が萎んでいくわけですが、この時、乳腺を支える靭帯が伸びた状態のため、おっぱいは萎み、下垂しやすい状態となります。何もケアをしなければ、胸が垂れてしので、授乳後に釣鐘状と呼ばれるおっぱいの形になる方が多いのです。

胸が下垂してしまうのを防ぐ対策として有効なのが「おっぱい体操」というわけです。


おっぱい体操を行うメリット


josei-image08
おっぱい体操を行うことで、胸の筋肉である大胸筋を鍛えることと、靭帯の弾力を取り戻すことができるので、おっぱいをしっかりと支えられることができるのです。

また、おっぱい体操をすることで、血行とリンパの流れも良くなるので、形の良いおっぱいに変化していくそうです。どうでしょう、授乳後はおっぱい体操を試してみる価値は十分にありそうですね。

おっぱい体操はいつから始める?


josei-image09
おっぱい体操は授乳後に行うと思っている方が多いですが、授乳前にも実践すると体にも良い影響を与えてくれるのです。妊娠してから行うというわけではなく、日頃からおっぱい体操を行うことで、身体にも良い影響が現れてきます。

母乳がよくでるように日頃からおっぱい体操


おっぱいの形を崩したくないので、母乳でなくミルクにしたいという女性もいることでしょう。しかし、母乳育児には赤ちゃんを育てるだけでなく、自身の体にも良い影響を与えてくれます。

母乳には初乳といって、最初に赤ちゃんに必要な栄養たっぷりな母乳がでてきます。おっぱいを赤ちゃんが吸うことで妊娠出産で広がった子宮を収縮させ、もとに戻す効果もあるので母乳育児はおすすめです。

母乳は血液から作られるため、血行の悪いおっぱいからは母乳もなかなか出ないのです。よい母乳が出るためにも日頃からおっぱい体操で、血行やリンパの流れを良くしておくことが大切です。

まとめ


おっぱい体操は授乳後の萎んでしまった胸にもお勧めの体操ということが分かりましたね。おっぱい体操を行うことで血流やリンパの流れもよくなりますから、身体にも良い影響を与えてくれます。ですから、授乳後だけでなく、日頃から行うことが大切かもしれませんね。

おっぱい体操を普段の生活に取入れて、形の良いきれい胸を維持してはいかがでしょう?もしかしたら、今よりも胸が大きくなり、自分に自信が持てるようになるかもしれませんよ。


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

秋美整体学院

Return Top